【U-18W杯】日本、西純矢がチーム初本塁打! DH抜擢に応える3ランで大量8点のリード

【U-18W杯】日本、西純矢がチーム初本塁打! DH抜擢に応える3ランで大量8点のリード

3ランホームランを放った創志学園・西純矢【写真:荒川祐史】

4回2死一、三塁から左翼席へ豪快な3ラン

■日本 – 南アフリカ(31日・機張)

  韓国・機張(きじゃん)で行われている「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)は31日、大会2日目を迎え、侍ジャパン高校代表は南アフリカと対戦。4点をリードした4回、「7番・DH」でスタメン起用された西純矢がチーム初ホームランとなる1号3ランを放った。

 4点リードの4回。2死一、三塁から相手投手の暴投で1点を追加すると、さらに一、三塁の場面で打席には「7番・DH」でスタメン出場の西。1ボールからの2球目の直球を完璧に捉えた打球は左翼席へ飛び込む1号3ランとなった。

西は投手としても150キロを超える直球を投げ込み、今秋のドラフト上位候補に挙がっている。日本は4回を終え大量8点をリードする展開となっている。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)