【U-18W杯】日本、19点圧勝で2連勝! 西の2発8打点、浅田&林の継投ノーノーで6回コールド勝ち

【U-18W杯】日本、19点圧勝で2連勝! 西の2発8打点、浅田&林の継投ノーノーで6回コールド勝ち

U18W杯 日本19得点で圧勝

【U-18W杯】日本、19点圧勝で2連勝! 西の2発8打点、浅田&林の継投ノーノーで6回コールド勝ち

2本のホームランを放った創志学園・西純矢【写真:荒川祐史】

DHで起用された西は4回にチーム初本塁打となる豪快な1号3ラン、6回には2号2ラン

■日本 19-0 南アフリカ(31日・機張)

 韓国・機張(きじゃん)で行われている「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)は31日、大会2日目を迎え、侍ジャパン高校代表は南アフリカと対戦。DHで起用された西純矢の2本塁打を含む3安打8打点の活躍など、打線が毎回の19点を奪い、19-0で6回コールド勝ちした。苦戦の末に逆転勝ちした初戦のスペイン代表戦に続く2連勝となった。

 初回、3つの四球で2死満塁のチャンスを作ると、熊田が中前へ2点適時打を放って先制に成功。2回には武岡、3回には西の犠飛で1点ずつを追加した。4回には、西が左翼スタンドへチーム初本塁打となる3ランを放つなど、一気に4点を加えてリードを広げた。

 5回には南アフリカ守備陣の2失策や四球に乗じると、武岡の適時打や西の左前適時打などで、一気に5点を奪って点差を広げた。6回には奥川が代打で大会初出場すると投手強襲の内野安打を放つと、西の2号2ランなどで6点を追加し点差を19点に広げた。

 この日先発した浅田は南アフリカ打線に1本の安打も許さない好投。5回を投げ許した走者は四球の1人のみの無安打無失点で降板。6回は左腕・林が無失点で封じ、6回参考記録ながら、継投で“準完全”のノーヒットノーランを達成した。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)