【U-18W杯】奥川が代表初出場! 投手ではなく代打で登場、内野安打を放つ

【U-18W杯】奥川が代表初出場! 投手ではなく代打で登場、内野安打を放つ

星稜の奥川恭伸【写真:荒川祐史】

水上の代打で打席に立ち、投手強襲の内野安打を放つ

■日本 – 南アフリカ(31日・機張) 

 韓国・機張(きじゃん)で行われている「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)は31日、大会2日目を迎え、侍ジャパン高校代表は南アフリカと対戦。星稜の奥川恭伸投手が6回に代打で打席に立ち、今代表で初出場した。

 13-0と大量リードを奪った6回、注目を集める奥川が初めて出場した。出番はマウンドではなく、打席だった。6回の先頭で水上の代打として登場。1ボール2ストライクからの5球目を捉えて放った痛烈なゴロは投手を強襲。打球を拾った遊撃手が一塁へと送球したものの、奥川の足が勝り、内野安打となった。

 奥川はこの1打席でお役御免。代走に山瀬が送られて交代となった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)