【U-18W杯】DH抜擢の西純矢、3安打2本塁打8打点の大暴れ「自分でも驚いています」

【U-18W杯】DH抜擢の西純矢、3安打2本塁打8打点の大暴れ「自分でも驚いています」

南アフリカ戦で2本塁打8打点と活躍した侍U-18代表の創志学園・西純矢【写真:荒川祐史】

4回にチーム初本塁打の3ランを放つと、6回には2本塁打目

■日本 19-0 南アフリカ(31日・機張)

 韓国・機張(きじゃん)で行われている「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)は31日、大会2日目を迎え、侍ジャパン高校代表は南アフリカと対戦。「7番・DH」でスタメン起用された西純矢がチーム初ホームランとなる3ランなど2本塁打を放ち、3安打2本塁打8打点と大暴れした。

 3回の第2打席で犠飛を放っていた西。4回2死一、三塁の場面で打席に入ると、1ボールからの2球目の直球を完璧に捉えた。打球は左翼席へ飛び込む3ラン。チーム初本塁打となる一発でリードを8点に広げた。

 西は5回1死満塁で迎えた第4打席でも左前へ適時打を放ち、6回の第5打席では再び左翼スタンドへと突き刺さるこの日2本目の本塁打。この日3安打2本塁打8打点の大暴れ。4打席連続で打点をあげて大勝に貢献した。

「壮行試合の時から調子は良くなくて不安だったんですけど、こっちに来て上がってきた」と振り返った西にとって、1試合2本塁打は自身2度目という。「木製バットで打つのは大変なことなのでよかった。1日8打点は初めて、自分でも驚いています」と大活躍に笑顔を浮かべていた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)