【U-18W杯】連勝スタートで次戦は強豪・米国 侍指揮官「腹の中では決まっている」

【U-18W杯】連勝スタートで次戦は強豪・米国 侍指揮官「腹の中では決まっている」

侍ジャパンU-18代表・永田裕治監督【写真:荒川祐史】

19点を奪った打線、完封リレーの投手陣に「昨日は苦戦したがよく修正してくれた」

■日本 19-0 南アフリカ(31日・機張)

 韓国・機張(きじゃん)で行われている「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)は31日、大会2日目を迎え、侍ジャパン高校代表は南アフリカと対戦。「7番・DH」の西純矢が2本塁打を含む3安打8打点の活躍など打線が毎回の19点を奪い、19-0で6回コールド勝ちした。

 初戦のスペイン戦では大苦戦しながら逆転勝利を収め、この日は投打が噛み合い大勝し2連勝を飾った永田裕治監督は「今日はよく振れていた。大きいのも2本あったが単打、足で稼いで。昨日は苦戦しましたがよく修正していくれた」とナインを称えた。

 指名打者で起用した西が2本塁打を含む3安打8打点の大活躍を見せ「昨日はスタッフ会議で西か宮城か迷ったが西でいこうと。大当たりですね」と驚きの表情。投手では右肘に死球を受けた影響で代表初登板初先発となった浅田が5回無安打無失点の快投。満点デビューを果たした右腕にも「どこまで投げれるか不確かだったが真っすぐも、変化球、今日は縦スラが良かった」と評価した。

 ここまで出場がなかった奥川は6回の先頭で代打で起用。期待に応える投手強襲安打を放ったが「まだ甲子園の疲れも、まだまだな部分もあるので。試合勘を復活させてあげたかった」と起用理由を語った。

 9月1日はいよいよ強豪・アメリカと対戦するが「食らいついていければ。(先発投手)僕の腹の中では大体、決まっている」と語った。強打の左打者が多く並ぶアメリカ打線。左腕・宮城の可能性が高くなった。(橋本健吾 / Kengo Hashimoto)

関連記事(外部サイト)