阪神、中谷V弾で甲子園30日ぶり勝利! 巨人3連勝で止まる

阪神タイガースが巨人に競り勝ち連敗3でストップ 甲子園で30日ぶり勝利

記事まとめ

  • 阪神タイガースは31日、甲子園で行われた巨人戦で4-2で競り勝ち、連敗を3で止めた
  • 2回に梅野の適時打、西のスクイズで2点先制、同点の7回に代打・中谷のソロで勝ち越し
  • 巨人は連勝が3でストップ、先発の山口は6回2/3で9安打3失点で4敗目を喫した

阪神、中谷V弾で甲子園30日ぶり勝利! 巨人3連勝で止まる

阪神、中谷V弾で甲子園30日ぶり勝利! 巨人3連勝で止まる

阪神・矢野燿大監督【写真:荒川祐史】

甲子園帰還後は2連敗だった

■阪神 4-2 巨人(31日・甲子園)

 阪神は31日、甲子園で行われた巨人戦で4-2で競り勝ち、連敗を3で止めた。8月上旬からの長期ロード後2連敗中だった本拠地・甲子園では8月1日の中日戦以来30日ぶりの白星となった。

 2回に梅野の適時打、西のスクイズで2点を先制。同点の7回には代打・中谷の7号ソロで勝ち越した。8回には大山の暴投による振り逃げの間に1点を加えた。先発の西は6回5安打2失点。2番手のドリスが5勝目を挙げた。

 巨人は連勝が3でストップ。4回に若林の適時打などで一時同点に追いついたが、打線が5安打2得点とつながりを欠いた。先発の山口は6回2/3で9安打3失点で4敗目を喫した。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)