広島、九里の7回途中2失点粘投で連敗3ストップ DeNA5連勝止まる

広島、九里の7回途中2失点粘投で連敗3ストップ DeNA5連勝止まる

広島・緒方孝市監督【写真:荒川祐史】

広島は3回の松山タイムリー&會澤2ランで主導権

■広島 4-2 DeNA(31日・マツダスタジアム)

 広島は31日、マツダスタジアムで行われたDeNA戦で4-2で快勝。連敗を3で止め、2位・DeNAとのゲーム差を2.5とした。

 3回に松山の適時打、會澤の10号2ランで3点を先制。5回には安部の適時二塁打でリードを4点に広げた。先発の九里は毎回走者を背負う投球も6回1/3で6安打2失点。7勝目を挙げた。

 DeNAは先発の京山が4回2/3で8安打4失点。6敗目を喫した。打線は7回に筒香の2点打で2点差に迫ったが、反撃はここまで。連勝は5でストップした。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)