【U-18W杯】浅田&林で継投ノーノー達成! 佐々木、奥川不在も「2人に投げてもらいたい」

【U-18W杯】浅田&林で継投ノーノー達成! 佐々木、奥川不在も「2人に投げてもらいたい」

南アフリカ戦に先発したU18代表の有明・浅田将汰【写真:荒川祐史】

練習試合を含め代表初登板となった先発・浅田が5回無安打無失点、2番手・林も1回無安打無失点

■日本 19-0 南アフリカ(31日・機張)

 日本が誇る自慢の投手陣が躍動した。韓国・機張(きじゃん)で行われている「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)は31日、大会2日目を迎え、侍ジャパン高校代表が19-0の6回コールド勝ちで南アフリカを下した。

 西の2本塁打など15安打19得点と大勝した日本だが、練習試合を含め代表初登板となった先発の浅田将汰、2番手の林優樹が継投でのノーヒットノーランを達成し試合の流れを南アフリカに渡さなかった。

 右肘に死球を受けた影響でここまで登板のなかった浅田が完璧な投球を見せた。140キロ台の力強い直球と縦に割れるスライダーを駆使し5回を無安打無失点、8奪三振の快投。この日の朝に先発を告げられた右腕は「緊張しました。気が引き締まりました」と、永田監督の先発指名を意気に感じマウンドで躍動した。

「自分は投手なので、右肘当たったので投げらないと思いました。やっぱり早く治さないと思って冷やした。投げる感覚を、と」

 代表合宿の練習試合で右肘に死球を受けた影響もあり焦りもあったが、懸命な治療で先発のマウンドに帰ってきた。佐々木、奥川の2枚看板が投げられない状況だが「スーパーラウンドでは、投げさせられるよう自分の登板があったときはそういう投球をして、最終的に2人に投げてもらいたいので絶対にスーパーラウンドに行きたいと思います」とチームの思いを代弁した。

 そして試合を締めくくったのは林。先頭打者のマシューズを空振り三振に仕留めるなど3者三振で継投でのノーヒットノーランを達成した。抜群の制球力と代名詞のチェンジアップで世界と戦う左腕はすでに山場を迎える米国、台湾戦を見据えていた。

「(米国は)打ってくる打線という印象。ガツガツくるイメージ。初球から甘い球を打ってくるイメージ。明日、明後日のマウンドイメージ想定して、状況に応じて投げると思うのでコンディションを整えていきたい」

 これから迎える厳しい場面を想定しながら大会初登板を振り返った。自身の立ち位置は理解しており「緩い変化球が大事になる。カーブとチェンジアップが大事になってくると思う。しっかり自分の持ち味だして日本の勝利に貢献していきたいです」と力を込めた。

 この日は侍打線が爆発しての快勝だったが、この先はレベルの高い投手が揃う米国、台湾が待ち受ける。打線は水物……。日本が誇る自慢の投手陣が粘りの投球を見せて勝利への活路を見出したい。(橋本健吾 / Kengo Hashimoto)

関連記事(外部サイト)