【U-18W杯】日本が3回に勝ち越し! 武岡適時打&石川2点適時打で3点リード

【U-18W杯】日本が3回に勝ち越し! 武岡適時打&石川2点適時打で3点リード

逆転打を放った八戸学院光星・武岡龍世【写真:荒川祐史】

石川はこの日2本目の適時打で3打点の活躍

■日本 – アメリカ(1日・機張)

 韓国・機張(きじゃん)で行われている「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)は1日、大会3日目を迎え野球日本代表「侍ジャパン」高校代表はアメリカと対戦。3回に武岡のタイムリー内野安打で勝ち越しに成功した。

 日本は同点の3回。先頭の坂下が死球、続く森の左前打と相手のパスボールで無死二、三塁の好機を作ると武岡が二塁適時内野安打を放ち勝ち越しに成功した。

 さらに、チャンスを広げると、初回に同点適時打を放っていた4番の石川が左前に2点適時打を放って、さらに2点を追加した。米国はここで先発のヘルナンデスを諦めて、2番手ゴードンがマウンドに上がった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)