【U-18W杯】「2人がいなければ大エース」名将・渡辺元智氏が評価する好投手とは…

【U-18W杯】「2人がいなければ大エース」名将・渡辺元智氏が評価する好投手とは…

興南・宮城大弥【写真:Getty Images】

佐々木と奥川以外にも「かなりいい選手がいる。他の投手も能力高い」

 8月30日から韓国・機帳(きじゃん)で開幕した「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)。野球日本代表「侍ジャパン」高校代表は、この大会で悲願の世界一を目指し、熱い戦いを繰り広げている。

 この侍ジャパン高校代表で最も注目を集める存在が、佐々木朗希投手と奥川恭伸投手の両投手。2人をいかにいい状態で、そしてどの試合で登板させるかは悲願達成へのポイントの1つになるだろう。

 2004年にワールドカップの前身となる「AAA世界野球選手権大会」の高校日本代表を監督として率い、今大会、テレビ朝日で解説を務める元横浜高校監督の渡辺元智氏も、Full-Countのインタビューで「10年、20年に1人の投手ですから、この2人がベストコンディションでいったならば、そんなに打たれるとは思いません」と、両右腕をポイントに挙げた。

 奥川は甲子園の疲労、そして佐々木は壮行試合でできた右手中指のマメの影響でそれぞれ調整が遅れ、オープニングラウンドでの登板は微妙と見られている。渡辺氏は「佐々木投手、奥川投手、この2人がちょっとしたアクシデントで遅れていますから、この2人の選手にメドが立てば、十分に戦えると思います。その間のオープニングラウンドをどういう風な選手のやりくりで戦っていくか、監督の永田さんの采配の妙も大事じゃないかな」と、奥川と佐々木が復帰するまでの投手のやり繰りも鍵を握ると指摘する。

 渡辺氏は今大会メンバーの投手陣を「かなりいい選手がいる。他の投手も能力は高いです」と高く評価する。佐々木、奥川の注目度の影に隠れているものの、負けず劣らずの好投手が揃っているという。

佐々木の起用法は「どちらがベターかといえば、抑えだろう」

 その1人が、オープニングラウンド最大のヤマ場となる1日のアメリカ戦で先発が予想される興南の宮城大弥投手。「宮城くんなんかは非常に力があります。2人がいなかったら、大エースですよ。2人が注目されていますけど、この宮城くんも力のあるピッチャーです」。カブスのダルビッシュ有投手からSNS上で絶賛されたことでも知られる宮城。渡辺氏も沖縄が誇る好左腕の力を認めている。

 さらに「飯塚投手なんかもマウンド度胸がある。あそこのマウンドでは技術だけでなくメンタル部分が求められますから。前投手とか140キロ以上出る投手も多くいますし、スライダー、チェンジアップ持っている選手いますから楽しみですね。変わった選手では、左の林投手は左のワンポイント、左打者が多ければ十分に通じると思います」とも。習志野の飯塚脩人投手や津田学園の前佑囲斗投手、近江の林優樹投手らの名前も挙げた。

 この投手陣をいかにやり繰りするかが、永田裕治監督に求められる采配のポイント。さらに言えば、佐々木をどのように使うのか、も注目が集まるところだ。渡辺氏は「本当は先発でいって5回くらいまで投げてくれればいいんでしょうけど、それは未知の世界ですからね。(壮行試合で)1イニングはしっかり抑えられることは分かりましたから、そうしますと、クローザー的な存在がいいのかなと。イニング数も、球数制限もありますから、その辺を考えてどちらがベターかといえば、佐々木くんに関しては抑えだろうと思います」と、“守護神”としての起用が現実的だと予想していた。

「それまでにどれだけ先発投手が踏ん張れるか。宮城くん、飯塚くんだとか、かなりいい選手はいますから」と、侍ジャパン高校代表のハイレベルな投手陣に期待を寄せる渡辺氏。初戦のスペイン、2戦目の南アフリカは格下。1日のアメリカ戦からがいよいよ本番と言える。佐々木や奥川だけじゃない。好投手を揃えた侍ジャパン高校代表は世界の頂点に手を届かせることができるだろうか。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)