【U-18 W杯】王者・米国撃破の侍J 永田監督「自信あった」今大会初リプレー検証効いた

【U-18 W杯】王者・米国撃破の侍J 永田監督「自信あった」今大会初リプレー検証効いた

侍ジャパンU-18代表・永田裕治監督【写真:荒川祐史】

4回2死からアウトがセーフに そこから打線繋がり5得点

■日本 16-7 アメリカ(1日・機張)

 韓国・機張(きじゃん)で行われている「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップは1日、大会3日目が行われ、野球日本代表「侍ジャパン」高校代表は米国代表を16-7で下した。一時は10点のリードがあったが、4点差に迫られるなど、最後まで分からない展開だった。試合を大きく左右したのは2度目の打者一巡で5点を奪った4回2死で永田裕治監督が要求した“リクエスト”だった。

 6-1のリードの4回。日本代表は森、武岡が連続三振で2死。流れが傾きかけそうになった。3番の韮澤の打球は遊撃へのゴロ。ボールが転送された一塁手の足が離れたが、判定はアウトだった。しかし、永田監督はベンチを飛び出して、今大会から導入されたリプレー検証を求めた。“リクエスト”のポーズは両手を顔の両脇に出すものだった。

「(リプレー検証は)ああやるんですね…。足が離れているように見えましたから。自信がありました。10秒以内に(リプレー検証を)言わないといけない。選手からも自信があったら言ってこいと(伝えていた)」

 判定は覆り、セーフとなった。大会の規定では1試合につき一度、リプレー検証が認められ、失敗すると権利を失う。日本は韮澤の出塁の後、打線が繋がり、2死から5得点。11-1とリードを広げた。この5点がなければ、苦しい展開になっていたとあり、指揮官の好判断が勝利につながった。(楢崎豊 / Yutaka Narasaki)

関連記事(外部サイト)