ソフトバンク、明石が負傷交代のアクシデント 右膝付近に自打球

ソフトバンク、明石が負傷交代のアクシデント 右膝付近に自打球

ソフトバンク・明石健志【写真:藤浦一都】

打席には立ち続けたものの、その裏の守備で退く

■西武 – ソフトバンク(1日・メットライフ)

 ソフトバンクの明石健志内野手が、2回で自打球により負傷交代した。

 この日「1番・二塁」でスタメン出場した明石は、2回2死満塁のチャンスで第2打席へ。その2球目、十亀のスライダーを打ちに行った打球が右膝付近を直撃した。一度、治療のためにベンチへ戻ると、再び打席に立った。

 1ボール2ストライクからの4球目で見逃し三振に終わると、その裏の守備からベンチへ退いた。明石に代わって二塁には牧原が入った。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)