鷹が首位陥落を阻止、楽天3連勝、日ハムは泥沼6連敗…1日のパ・リーグは?

鷹が首位陥落を阻止、楽天3連勝、日ハムは泥沼6連敗…1日のパ・リーグは?

ソフトバンク・工藤監督【写真:藤浦一都】

楽天は石橋の7回1安打無失点の好投でカード3連勝

 パ・リーグは1日、各地で3試合が行われ、ソフトバンク、楽天、ロッテがそれぞれ勝利した。

 ソフトバンクは敵地メットライフドームで西武に4-1で勝利し、首位の座を死守した。3回に柳田の7号ソロで先制すると、6回には松田宣が十亀から“今季初本塁打”となる26号ソロを放ってリードを広げた。先発の武田が6回無失点の好投で5勝目。リリーフ陣もリードを守った。2連敗で西武にゲーム差なしとされていたが、何とか首位の座を守った。西武は自慢の打線がこの日は繋がらず。武田ら鷹投手陣に1点に封じ込められた。

 楽天は本拠地・楽天生命パークで日本ハムに2-1で勝利し、3連勝。2回にブラッシュのソロで先制すると、渡辺の適時打で1点を追加。このリードを先発の石橋が7回1安打無失点の好投で守り、7勝目をマークした。日本ハムは泥沼の6連敗。先発の金子は4回2失点、リリーフ陣も無失点で繋いだが、打線が1点しか奪えずにトンネルから抜け出せなかった。

 ロッテは本拠地ZOZOマリンでオリックスに8-6で勝利した。点の取り合いとなった一戦。序盤に4点を先行されたが、4回にマーティンの9号3ランなどで一挙に5点を奪って逆転に成功。7回に同点とされたが、その直後に藤岡が今季1号の2ランを放って勝ち越した。オリックスは先発の竹安が4回途中3失点。リリーフ陣も踏ん張れなかった。

→1 ソフトバンク 122試合65勝53敗4分 –
→2 西武 123試合66勝56敗1分 1.0
→3 楽天 123試合61勝58敗4分 3.5
→4 ロッテ 124試合60勝61敗3分 2.0
→5 オリックス 120試合55勝60敗5分 2.0
→6 日本ハム 124試合56勝63敗5分 1.0(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)