巨人、甲子園で2連敗 打線がわずか4安打、DeNAが勝てばマジック消滅

巨人、甲子園で2連敗 打線がわずか4安打、DeNAが勝てばマジック消滅

巨人 阪神に零封負けを喫す

巨人、甲子園で2連敗 打線がわずか4安打、DeNAが勝てばマジック消滅

阪神・岩貞祐太【写真:荒川祐史】

阪神は岩貞が6回無失点の好投で2勝目

■阪神 2-0 巨人(1日・甲子園)

 巨人は伝統の一戦に2連敗した。1日、敵地・甲子園球場での阪神戦。打線がわずか4安打に終わって反撃できずに零封負けを喫した。DeNAが勝つと、マジックが消滅する。

 先発の今村が4回に内野ゴロの間に1点を奪われると、5回には2番手鍵谷が近本に適時三塁打を許して2点目を奪われた。打線は阪神先発の岩貞の前に6回までわずか3安打に封じ込められた。7回以降の阪神投手陣の前に1点も奪えずにゼロが並んだ。

 阪神は4回にマルテの内野ゴロの間に先制すると、5回には近本の適時三塁打で追加点を奪った。先発の岩貞は6回無失点で2勝目。岩崎、ジョンソン、藤川のリレーでリードを守り抜いた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)