【U-18W杯】日本が3回に怒涛の猛攻! 武岡&石川ら適時打、打者一巡で大量5得点

【U-18W杯】日本が3回に怒涛の猛攻! 武岡&石川ら適時打、打者一巡で大量5得点

2点適時打を放った東邦・石川昂弥【写真:荒川祐史】

石川はこの日2本目の適時打で3打点の活躍

■日本 – アメリカ(1日・機張)

 韓国・機張(きじゃん)で行われている「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)は1日、大会3日目を迎え野球日本代表「侍ジャパン」高校代表はアメリカと対戦。3回に武岡のタイムリー内野安打で勝ち越しに成功すると、この回一挙5得点と打線が爆発し、アメリカ相手に5点のリードを奪った。

 同点で迎えた3回。日本は先頭の坂下が死球で出塁。続く森が左前安打でつなぐと、さらに相手のパスボールで無死二、三塁とチャンスを拡大。ここで武岡が二塁適時内野安打を放ち、勝ち越しに成功した。

 さらに、満塁にチャンスを広げると、初回に同点適時打を放っていた4番の石川が左前に2点適時打を放って、さらに2点を追加した。さらに、熊田が2番手のゴードンから中前へ2点適時打を放って加点し、この回、打者一巡の攻撃で大量5点を奪った。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)