【U-18W杯】米国打線をねじ伏せた西純矢 有効だった野茂英雄氏直伝の“宝刀”フォーク

【U-18W杯】米国打線をねじ伏せた西純矢 有効だった野茂英雄氏直伝の“宝刀”フォーク

米国戦で5奪三振と好投した侍U-18代表の創志学園・西純矢【写真:荒川祐史】

3回から登板し4者連続三振、5回には足場をとられて失点も快投

■日本 16-7 アメリカ(1日・機張)

 韓国・機張(きじゃん)で開催中の「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)。侍ジャパン高校日本代表はオープニングラウンド3日目で5連覇を目指す強豪・米国と対戦し、16-7で勝利した。先発の林優樹投手が2回1失点3奪三振と踏ん張り、3回からは西純矢投手が登板。力投が味方の大量点を呼んだ。3イニング目の5回は雨で濡れたマウンドでペースを乱して失点したが、日本は小刻みな継投策で相手に的を絞らせなかった。

 南アフリカ戦の2本塁打8打点の活躍から一夜明け、西が託された仕事は米国の強力打線をマウンドからねじ伏せることだった。

 先発は左腕の林。初回に1点は失ったが、大きなカーブにチェンジアップを使い、丁寧に投げ込んだ。2イニング、打者9人投げたところで永田裕治監督は西をマウンドに送った。最速154キロ右腕。タイプの違う投手で継投していく策に出た。

 西は「先発投手の気持ちでマウンドに立ちました」。スコアはまだ1-1。どう展開していくかはわからない。いきなり米国の強打の1番・クローアームストロングを力で押して空振り三振を奪った。2個の三振でこのイニングを締めると、直後に味方が5得点。4回のマウンドでは3者連続三振。3回の2死目から合わせると4者連続三振をマーク。すると、打線はまた打者一巡で5得点。長い攻撃で肩を休ませないようにブルペンでアップをしていると、ブルペン捕手役のスタッフから「西のピッチングが呼び込んだ流れだな」と声をかけられた。西は「そうですよ!」と素直に喜びを表した。

中学3年生のときの野茂氏から教わったフォーク「スプリットのイメージ」

 効果的だったのはフォークボールだった。中学3年生の時に「NOMOジャパン」のメンバーに選ばれて米国遠征に帯同した。その時に野茂英雄氏から教わった伝家の宝刀。「コツは思い切り腕を振る」「そこまで深く握らずスプリットのイメージ」で、この大一番で勝負球に使えるまで磨いてきた。今大会は打っても、投げてもチームの中心。「レベルの高い中でやらせてもらえてうれしい」と話す。

 大量リードをもらった5回は雨脚が強くなったため、足場を気にするようになった。バランスを崩さないように歩幅を狭めたが、ボールは米国打線にはじき返され、2点を奪われた。これもひとつの大きな経験。収穫と反省を手に西はまた成長の階段を昇った。

 西の後を前、飯塚、宮城と継投。前は4失点(自責2)したが、飯塚、宮城は無失点リリーフ。飯塚の投げっぷり、宮城の3者三振も見事だった。米国とは決勝で戦う可能性もあるため、これで満足するわけにはいかないが、雨の中の激闘は侍ジャパンの選手たちに大きな自信をもたらした。(楢崎豊 / Yutaka Narasaki)

関連記事(外部サイト)