【U-18W杯】“伏兵”とは言わせない―2年生・横山が豪快弾「木製バットの方が打球が上がる」

【U-18W杯】“伏兵”とは言わせない―2年生・横山が豪快弾「木製バットの方が打球が上がる」

7回にソロホームランを放った侍U-18代表の作新学院・横山陽樹【写真:荒川祐史】

7回にアメリカの追い上げムードを止める豪快な一発を放った横山

■日本 16-7 アメリカ(1日・機張)

 韓国・機張(きじゃん)で行われている「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)は1日、大会3日目を迎え野球日本代表「侍ジャパン」高校代表は強豪・アメリカを16-7で下し3連勝を飾った。

 一時は10点リードする展開も中盤から終盤にかけアメリカの猛追を受け試合の流れが傾きかけたが2年生の一発がムードを一変させた。

「先頭だったので絶対に出塁しようと意識してセンター返しを心掛けた。あのまま行っていたら悪い流れになるところだったので1点入ったのはよかった」

 4点リードで迎えた7回。横山は先頭で打席に向かうとアメリカ3番手ヘクターが投じた138キロ直球を強振。打球は左翼スタンドに飛び込む1号ソロ。横山自身、大会初安打となる一発が貴重な追加点を叩き出し再び流れを引き寄せた。

 永田監督は「横山のバットは振れていたので思い切って使ってみようと。当たりましたね、まさかホームランを打つとは思っていませんでしたが」とスタメン起用の理由を説明。横山も「代表合宿の時から調子はいいなと思っていた。金属よりも木製バットの方が打球が上がる感じだった」と手応えを口にしていた。

 ワールドカップ18連勝中だった米国に土を付け3連勝を飾り「次につながる1勝だったと思います。また戦う相手になると思うので」と気を引き締めていた。(橋本健吾 / Kengo Hashimoto)

関連記事(外部サイト)