【U-18W杯】日本、3回から前日2発の西がマウンドへ! 細かい継投で米国封じ狙う

【U-18W杯】日本、3回から前日2発の西がマウンドへ! 細かい継投で米国封じ狙う

2番手の創志学園・西純矢【写真:荒川祐史】

初回に先制を許したが、日本はその裏に4番・石川が右翼線へ同点タイムリー

■日本 – アメリカ(1日・機張)

 韓国・機張(きじゃん)で行われている「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)は1日、大会3日目を迎え野球日本代表「侍ジャパン」高校代表はアメリカと対戦。初回に1点を失い先制を許したが、その裏に4番・石川のタイムリー二塁打で同点に追いついた。

 初回に1点を失い先制を許した日本。だが、その裏にすぐさま反撃に成功した。先頭の森が右翼線三塁打を放つと、2死三塁から4番の石川が3ボールからの4球目を捉えた。150キロの直球を弾き返した打球は右翼線へ。これが適時二塁打となり、森が生還。すぐさま同点に追いついた。

 先発の林が2回1失点に封じると、打順が一巡した3回からは西純矢が2番手としてマウンドへ。西は前日の南アフリカ戦で2本塁打を含む3安打8打点と、打者として大活躍していた。早い段階での継投。永田裕治監督は細かい継投で米国打線に的を絞らせない策に出た。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)