鷹、首位陥落阻止! 柳田&松田アベック弾、武田6勝目で“田トリオ”活躍

鷹、首位陥落阻止! 柳田&松田アベック弾、武田6勝目で“田トリオ”活躍

SB 連敗5で止め首位陥落阻止

鷹、首位陥落阻止! 柳田&松田アベック弾、武田6勝目で“田トリオ”活躍

ソフトバンク・松田宣浩(左)と柳田悠岐【写真:藤浦一都】

西武は先発の十亀が3失点、打線の反撃も1点止まり

ソフトバンク 4-1 西武(1日・メットライフ)

 ソフトバンクが連敗を5で止め、首位の座を死守した。1日、敵地メットライフドームで行われた西武戦。柳田と松田のソロ本塁打などで3点をリードすると、先発の武田が6回4安打無失点の好投して5勝目をあげた。

 ソフトバンクは3回、柳田が7号ソロを放って1点を先制。5回にはグラシアルの犠飛で1点を追加すると、6回には松田宣が今季、十亀から初本塁打となる26号ソロを放って1点を追加した。

 先発の武田は西武打線に連打を許さず、6回まで4安打無失点と好投して5勝目。7回からは甲斐野、モイネロ、森と繋いでリードを守り抜き、強打の西武打線を抑えた。2連敗で西武にゲーム差なしで並ばれていたものの、なんとか1勝し、首位の座を死守した。

 西武は先発の十亀が6回途中5安打5四球で3失点で6敗目。自慢の打線も武田らソフトバンク投手陣を打てず、反撃は8回の1点だけ。勝てば首位浮上だったが、首位奪還は逃した。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)