【U-18W杯】日本、打線爆発で5回終え米国に8点リード! 雨脚強まる中、試合は終盤へ

【U-18W杯】日本、打線爆発で5回終え米国に8点リード! 雨脚強まる中、試合は終盤へ

適時打を放った智弁学園・坂下翔馬【写真:荒川祐史】

日本は3、4回と2イニング連続の打者一巡の猛攻で大量リード

■日本 – アメリカ(1日・機張)

 韓国・機張(きじゃん)で行われている「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)は1日、大会3日目を迎え野球日本代表「侍ジャパン」高校代表はアメリカと対戦。5回を終え11-3とリードする展開となっている。

 日本は初回に1点を先制されたが、その裏に2死三塁から4番・石川が右翼線へタイムリー二塁打を放ち同点に追いつく。3回は無死二、三塁から武岡の二塁適時内野安打で勝ち越しに成功すると、無死満塁の好機で石川が左前に2点適時打、熊田の中前2点タイムリーが飛び出しこの回、打者一巡の猛攻で一挙5点を奪った。

 4回にも2死から韮澤の遊撃内野安打と連続四球で満塁のチャンスを作ると熊田が左前2点適時打、さらに満塁から横山が押し出し四球、坂下の2点タイムリーが飛び出しリードを10点に広げた。

 2番手の西は3イニング目に入った5回。安打と連続四死球で無死満塁のピンチを背負いハッセル、ブコビッチの一ゴロの間に2点を失った。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)