【U-18W杯】日本、米国に大勝でSR進出王手 永田監督「厳しい戦い」「選手たちがよくやった」

【U-18W杯】日本、米国に大勝でSR進出王手 永田監督「厳しい戦い」「選手たちがよくやった」

侍ジャパンU-18代表・永田裕治監督【写真:荒川祐史】

打線が大爆発、2度の打者一巡を含む12安打16得点で圧勝

■日本 16-7 アメリカ(1日・機張)

 韓国・機張(きじゃん)で行われている「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)は1日、大会3日目を迎え、野球日本代表「侍ジャパン」高校代表は、大会4連覇中で18連勝中だったアメリカを16-7で下して、スーパーラウンド進出に王手をかけた。試合後、永田裕治監督は「厳しい戦いでした。選手たちが本当によくやってくれました」と振り返った。

 日本は初回に1点を失ったが、その裏に4番・石川が右翼線へタイムリー二塁打を放ち同点。3回、無死二、三塁から武岡の二塁適時内野安打で勝ち越しに成功すると、無死満塁の好機で石川が2打席連続のタイムリーとなる左前への2点適時打、さらに熊田にも中前2点適時打が飛び出し、この回、打者一巡の猛攻で一挙5点を奪った。4回にも2イニング連続の打者一巡の猛攻で5点を奪い、リードを一時は10点に広げた。

 だが、中盤から王者米国の猛反撃に遭う。5回は安打と連続四死球で無死満塁とされると、ハッセル、ブコビッチの内野ゴロの間に2点を返され、6回には日本の守備の乱れに付け込まれて3点を奪われた。7回にもロモの適時三塁打で1点を許して4点差まで詰め寄られた。だが、終盤、リードを再び広げて、米国に土をつけた。

 細かい継投で米国の反撃を辛くも凌いだ永田監督は「今日はスクランブル態勢でいこうと思っていた。繋いで繋いでというところで、みんなが持ち場でよく頑張ってくれた」と、投手陣をたたえた。12安打で16得点を奪った打線については「今日は、昨日まではバット一握り、指1本なんですが、今日は指2本短く、コンパクトに反対方向とやっていきた。それが生きてきたと思います」とうなずいた。

 米国は2015年大会のファーストラウンドの日本戦で敗れて以降、ワールドカップ18連勝中。実に4年、19試合ぶりに土をつけて、日本はスーパーラウンド進出に王手をかけた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)