【U-18W杯】王者・米国撃破の日本 永田監督が語った林を先発に送ったワケ「どれくらいやれるか」

【U-18W杯】王者・米国撃破の日本 永田監督が語った林を先発に送ったワケ「どれくらいやれるか」

先発した近江・林優樹を迎える永田裕治監督【写真:荒川祐史】

昼食時に先発を伝えると「目が点に」「言葉数が少なくなった」

■日本 16-7 アメリカ(1日・機張)

 韓国・機張(きじゃん)で行われている「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)は1日、大会3日目を迎え、野球日本代表「侍ジャパン」高校代表は、大会4連覇中で18連勝中だったアメリカを16-7で下して、スーパーラウンド進出に王手をかけた。試合後、永田裕治監督は「厳しい戦いでした。選手たちが本当によくやってくれました」と振り返った。

 12安打で16得点を奪い、大会4連覇中の米国に土をつけた侍ジャパン高校代表。強打の米国打線を先発の林から西、前、飯塚と繋ぎ、最後は宮城が締めた。実に5投手の継投でアメリカの反撃を凌いだ。試合後、永田監督は「今日はスクランブル態勢でいこうと思っていた。繋いで繋いでという中で、みんなが持ち場でよく頑張ってくれた」と、投手陣を労った。

 その中で先発に抜擢したのは、近江の左腕・林だった。興南の宮城の先発予想が大方を占める中で、指揮官は「昨日から考えていた中で、林の使い所も考えて、朝の食事の時にスタッフと話して決めました」と、大一番の朝に林の先発を決断したという。

「アメリカはシャープに振ってくる打線。林がどれくらいやれるか、を見たかったのもあって林でいきました」と狙いを明かす。林に先発を伝えたのは昼食時。その時の状況を「かなり緊張していましたね。昼の食事中に伝えたんですが、目が点になって、その後は言葉数が少なくなりました」と振り返った。

 林は打者一巡、2回1安打1失点で降板となったが、雨が降る中で、難しい立ち上がりを1失点にまとめ、試合の流れを作った。永田監督も林の投球を「よく投げてくれたと思います」と評価していた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)