日ハムドラ2ルーキーの野村佑希、左股関節後方亜脱臼で全治5か月 約4週間入院へ

日ハムドラ2ルーキーの野村佑希、左股関節後方亜脱臼で全治5か月 約4週間入院へ

日本ハム・野村佑希【写真:石川加奈子】

8月31日の試合前に違和感を訴える

 日本ハムは2日、野村佑希選手が1日に東京都内の病院で精密検査を受け、左股関節後方亜脱臼と診断されたと発表した。

 全治5か月の見通しで、1日から約4週間入院する見込み。野村は8月31日のイースタン・リーグ、ヤクルト戦(戸田)前の練習中に違和感を訴えたという。

 野村は花咲徳栄高から昨年のドラフト2位で入団したルーキー。1軍出場はまだなく、イースタンリーグでは75試合出場で打率.245、5本塁打、32打点の成績を残していた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)