【U-18W杯】日本、初回に4番・石川の適時打で先制! 勝てばスーパーラウンド進出の台湾戦

【U-18W杯】日本、初回に4番・石川の適時打で先制! 勝てばスーパーラウンド進出の台湾戦

先制打を放った東邦・石川昂弥【写真:荒川祐史】

初回2死二塁の好機で石川が左前へ先制タイムリーを放つ

■日本 – 台湾(2日・機張)

 韓国・機張(きじゃん)で行われている「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)は2日、大会4日目を迎え野球日本代表「侍ジャパン」高校代表は台湾と対戦。初回に4番・石川のタイムリーで先制した。

 3連勝と勢いに乗る日本は初回。1死から武岡が四球で出塁すると二盗を決め2死二塁のチャンスを作る。ここで4番の石川が左前タイムリーを放ち先制に成功した。

 台湾の先発は昨年のアジア選手権で日本相手に2安打1失点で完投勝利を挙げている左腕ワン・ヤンチェン。昨年、苦杯をなめた相手にいきなり先制パンチをお見舞いした。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)