【U-18W杯】侍J永田監督、降雨コールド初黒星に無念「切羽詰まった状態に…」

【U-18W杯】侍J永田監督、降雨コールド初黒星に無念「切羽詰まった状態に…」

チャレンジを要求した侍U18の永田監督【写真:荒川祐史】

初回に先制も逆転負け 5回終了後に降雨コールドゲームに「グラウンド整備も時間がかかると」

■台湾 3-1 日本(2日・機張)

 韓国・機張(きじゃん)で行われている「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)は2日、大会4日目を迎え野球日本代表「侍ジャパン」高校代表は1-3で5回降雨コールド。台湾に敗れ初黒星を喫した。永田裕治監督は「国際ルールですので、致し方ないと納得して、次に向けて頑張りたいと思います」と無念の表情。「(選手には)これも国際ルールなので、明日の試合に切り替えて頑張れと言いました。日本も切羽詰まった状態になったので、しっかり頑張りたいと思います」と3日のパナマ戦へ気持ちを切り替えた。

 日本は初回に2死二塁のチャンスで4番の石川が左前タイムリーを放ち先制に成功。だが、3回。先発の宮城が1死一、三塁のピンチを背負うと、続くチェン・ツンチェの打席で一走が挟まれる間に三塁走者が生還(記録は本盗)。同点に追い付かれた。

 同点で迎えた5回の守備。遊撃・熊田の失策など2死二、三塁のピンチを背負うと、3番ロ・ウィーチェに左越え2点二塁打を浴びて勝ち越しを許した。5回を終えると朝から降っていた雨脚が強まり審判団が協議した結果、降雨コールドゲームとなり試合は成立。1-3で日本は初黒星を喫した。

 降雨中断中には両チームの監督がWBSCに呼ばれた。永田監督は「1つのポジションを直すのに1時間、3つで3時間。難しいという判断だった」と説明。大会本部は雨が小降りになっていたが、1つのアンツーカーを修復するのに1時間を要し、選手がケガをしたら大変というのを両チームに申し入れたという。

 永田監督は「国際ルールとして続行できないということでしたので。難しいということで『分かりました』と。致し方ないということで話しました。(日本側から)『最初のスタートの段階でこういう状況だったので、』いうことは言いました。ただ、グラウンド整備も、かなりの時間がかかるという判断でしたので、審判としては『続行できない』と(言われた)。分かりましたと」と無念さをにじませた。

 チームは3勝1敗で台湾に並ばれてグループBの首位タイに。3日はパナマ戦に臨む。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)