【U-18W杯】日本初黒星、アンツーカー修復に1時間必要… 永田監督「これからというところで…」

【U-18W杯】日本初黒星、アンツーカー修復に1時間必要… 永田監督「これからというところで…」

大会本部から説明を受けた侍U18・永田監督【写真:荒川祐史】

5回に2点を勝ち越されるも2番手・西が流れを止める好救援

■台湾 3-1 日本(2日・機張)

 韓国・機張(きじゃん)で行われている「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)は2日、大会4日目を迎え野球日本代表「侍ジャパン」高校代表は台湾に1-3で5回降雨コールド負け。初黒星を喫した。

 5回に勝ち越しを許した直後に雨脚が強まり一時、中断。グラウンドにはシートが引かれ試合再開を待ったが両監督がWBSCとの協議の結果、降雨コールドゲームで決着となった。

 試合中断が決まった際には雨が小降りになっていたが、1つのアンツーカーを修復させるのに1時間が必要となり永田監督も「3つで3時間。難しいという判断だった」と無念の表情を見せた。

 同点で迎えた5回2死二、三塁の場面で先発の左腕・宮城が3番ロ・ウィーチェに左越え2点タイムリーを浴び勝ち越しを許したが、その後は2番手の西が無失点で切り抜け流れを止めただけに指揮官も「さぁ、これからというところだったのですが……流れを変えてくれたので残念です」と語っていた。(橋本健吾 / Kengo Hashimoto)

関連記事(外部サイト)