【MLB】前田健太の配置転換初戦セーブにド軍監督ご満悦「ロングリリーバーに価値がある」

【MLB】前田健太の配置転換初戦セーブにド軍監督ご満悦「ロングリリーバーに価値がある」

本拠地でのロッキーズ戦に救援として登板し今季初セーブを挙げたドジャース・前田健太【写真:AP】

本拠地ロッキーズ戦で6回から4回4安打3失点 今季初セーブを挙げた

■ドジャース 16-9 ロッキーズ (日本時間3日・ロサンゼルス)

 ドジャースの前田健太投手は2日(日本時間3日)、本拠地ロッキーズ戦の6回から2番手として救援。先発から配置転換が決まった一戦で4イニングを投げて5奪三振4安打3失点。今季初セーブをマークした。

 10-6で迎えた6回からマウンドへ上がった。6回から2イニング連続で3者凡退に抑えた。8回は先頭・マーフィーの左翼線二塁打などで招いた1死三塁からヌネスの一ゴロの間に1点。9回にはマクマホン、デズモンドの2者連続弾を浴びた。7月19日の本拠地マーリンズ戦以来45日ぶりの中継ぎ登板は4回4安打3失点、5奪三振無四球。昨年9月7日のロッキーズ戦以来、メジャー通算4セーブ目となった。

 ナ・リーズ西地区首位を独走中。悲願のワールドシリーズ制覇へはブルペン強化が課題となる。ロバーツ監督は「最初の2〜3回は良かった。本塁打の餌食になってしまっただけだ。(救援として)長いイニングを投げられる投手を抱えられることには価値がある。現在、ケンタは“良い”チームメートを担ってくれている。闘争心もある。しかしながら、試合に出れば、プロフェッショナルに振る舞いマウンドに上がってしっかり投球をすることが全てだ」と称えていた。(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)

関連記事(外部サイト)