ドーピング規定違反の広島バティスタは6か月間の出場停止、来年3月2日まで NPBが発表

ドーピング規定違反の広島バティスタは6か月間の出場停止、来年3月2日まで NPBが発表

広島バティスタ出場停止処分

ドーピング規定違反の広島バティスタは6か月間の出場停止、来年3月2日まで NPBが発表

広島のサビエル・バティスタ【写真:荒川祐史】

クロミフェンとヒドロキシクロミフェンを検出、NPBが公式HPで経緯を発表

 日本野球機構(NPB)は3日、広島のサビエル・バティスタ内野手のアンチ・ドーピング規程違反に対する制裁を通告し、2019年9月3日から2020年3月2日まで、6か月間の出場停止処分を科すると発表した。

 NPBはこれまでの経緯について公式HPで発表。バティスタは2019年6月7日に開催されたマツダスタジアムでの公式戦で行われた競技会ドーピング検査の対象選手となり、尿検体を採取。7月24日に分析機関からクロミフェンとその代謝物であるヒドロキシクロミフェンの検出報告があり、バティスタの検体であることが確認されたという。検出された物質はWADA禁止表国際基準の禁止物質「S4.ホルモン調節薬および代謝調節薬」で指定されている。

 7月26日に球団関係者立会いのもと、バティスタ本人と面会し、事情説明の機会を設け、同選手は意図的な摂取はないと述べたものの、今回の検査の正当性に異議がないことを確認。8月16日に本人希望によりB検体の分析を実施し、A検体と同じ物質が検出されたことが報告された。さらに、8月21日にバティスタによる弁明の機会が設けられ、改めて同選手は意図的な摂取はないことを述べ、今回の検査の正当性に異議がないことを確認したという。

 上記の経過を経て、NPBアンチ・ドーピング調査裁定委員会を開き、制裁の内容を決定したとしている。

 バティスタについては、広島が8月17日にNPBアンチ・ドーピング委員会からドーピング検査において陽性との通知があったと発表。同日に1軍登録を抹消されていた。今季は103試合に出場し、打率.269、26本塁打、64打点の成績を残していた。来季開幕前には出場停止からあけることになる。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)