【U-18W杯】日本、連夜のミスで2回に先制許す スーパーR進出がかかるパナマ戦

【U-18W杯】日本、連夜のミスで2回に先制許す スーパーR進出がかかるパナマ戦

パナマ戦に先発している侍ジャパンU-18代表の創志学園・西純矢【写真:荒川祐史】

相手の何でもない投ゴロを…先頭打者を失策で出すミスもあり失点

■日本 – パナマ(3日・機張)

 韓国・機張(きじゃん)で行われている「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)は3日、大会5日目を迎え、「侍ジャパン」高校日本代表はオープニングラウンド突破をかけてパナマと対戦。2回にミスから失点を許した。

 先発の西は初回、3者凡退のスタート。しかし、日本もその裏に3者凡退に抑えられる。

 2回、西は1死からこの試合で遊撃に入った武岡の悪送球で走者を出すと、続く打者に右前打を許すなど2死一、三塁に。続く打者は投ゴロに仕留めるも、一塁手の韮澤が前に出てしまい、二塁・坂下も慌ててベースカバーに入ろうとしたが間に合わず。西はボールを投げたものの、そのままファウルゾーンを転々。三塁走者の生還を許した。

 続く打者は右飛に仕留めたものの、この試合もミスで点を失った。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)