【U-18W杯】日本、ミスで先制許すもすぐさま同点! 2回に横山の中犠飛で振り出しに

【U-18W杯】日本、ミスで先制許すもすぐさま同点! 2回に横山の中犠飛で振り出しに

侍ジャパンU-18代表の八戸学院光星・武岡龍世【写真:荒川祐史】

2回にミスが絡み先制を許したが、その裏に横山の中犠飛で同点に

■日本 – パナマ(3日・機張)

 韓国・機張(きじゃん)で行われている「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)は3日、大会5日目を迎え野球日本代表「侍ジャパン」高校代表はパナマと対戦。1点を追う2回に横山の中犠飛で同点に追いついた。

 日本は2回に1死からこの試合で遊撃に入った武岡の悪送球で走者を出すと、続く打者に右前打を許すなど2死一、三塁のピンチを招く。ここでスガステイを投ゴロに仕留めるも、一塁手の韮澤が前に出てしまい、二塁・坂下も慌ててベースカバーに入ろうとしたが間に合わず。西はボールを投げたものの、そのままファウルゾーンに転々。三塁走者の生還を許し先制を許した。

 スーパーラウンド進出、そして悲願の優勝に向け負けられない日本はその裏。先頭の石川が死球、熊田の遊撃内野安打などで一、三塁の好機を作ると横山が中犠飛を放ちすぐさま同点に追いついた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)