歩数計アプリ「パ・リーグウォーク」、福岡市の健康増進プロジェクトに「社会的意義」

歩数計アプリ「パ・リーグウォーク」、福岡市の健康増進プロジェクトに「社会的意義」

歩数系アプリ「パ・リーグウォーク」が福岡市の健康増進プロジェクトに【画像:パーソル パ・リーグTV】

歩数計アプリ「パ・リーグウォーク」は日々の歩数で球団を応援できる

 パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営する、日々の歩数で球団を応援できる歩数計アプリ「パ・リーグウォーク」が、福岡市が推し進める「人生100年時代を見据えた持続可能な健寿社会をつくるプロジェクト『福岡100』」の新たな取り組みに採択された。

 これを記念し、パ・リーグウォーク内にて、「『歩いてホークスを応援しよう!』福岡ソフトバンクホークス終盤戦応援キャンペーン」を行う。本取組みは、2016年3月に世界初※のプロスポーツリーグにおけるゲーム型健康増進プロジェクトとして開始したパ・リーグウォークが、初めて自治体とタッグを組む取り組みである。(※パ・リーグ インサイト調べ)

「パ・リーグウォーク」が福岡100に採択された背景には、アプリ利用者の約6割がこれまで健康づくり事業でアプローチが難しかった30代〜40代の勤労世代となっており、これらの年齢層をターゲットとした健康づくりの習慣化が必要なことから、白羽の矢が立った。

 同アプリが採択されたことについて、東京大学大学院医学系研究科で運動と健康づくりについて研究し、パ・リーグウォークの学術的検証にも携わる鎌田真光氏は、「パ・リーグウォークは、楽しみながら自然とアクティブな生活が送れるようになるアプリです。プロ野球の楽しさや『アツさ』を核にしたサービスなので、これまで国や自治体の健康政策、特に運動不足対策ではアプローチが難しかった若い世代や男性にも多く利用されています。現在、健康政策においては、無関心層対策が重要な課題となっています。多様な性別、年代のファン層と強いつながりを持つプロスポーツリーグが、自治体と連携してプロジェクトに取り組むことには大きな社会的意義があると考えています」とコメント。

 幅広い世代へ健康づくりをアプローチするために行われる、ウォーキング促進の実証事業。パシフィックリーグマーケティングは、パ・リーグウォーク にて福岡市が掲げる目標達成に貢献すべく、アプリ内でキャンペーンを行い、本プロジェクトを推進。令和元年9月3日から実施される。詳しい事業内容、キャンペーンの概要は「パ・リーグウォーク」の特設サイトへ。(「パ・リーグ インサイト」編集部)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)

関連記事(外部サイト)