ホークス工藤監督、冷や汗勝利に「大きいですね」 高橋礼を称賛「立派です」

ホークス工藤監督、冷や汗勝利に「大きいですね」 高橋礼を称賛「立派です」

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

今宮の一発に「先制できたのが何より大きい」

■ソフトバンク 3-2 楽天(3日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクは3日、楽天に終盤追い上げられながらも1点差で辛勝。ホーム7連戦の初戦勝利に工藤公康監督は「大きいですね」とホッとした表情を浮かべた。

 2回に今宮健太が先制弾、4回には内川聖一が中押しの2ラン。投げては先発の高橋礼が完封ペース。そんな試合展開にも落とし穴が待っていた。8回、楽天の下位打線に連続被弾で1点差に迫られると、2番手のモイネロが1死走者なしから2死満塁のピンチを作る。そこは何とか切り抜けたものの、9回にも森唯斗が1死から連打を浴びて一打同点のピンチ。ここから三振と内野ゴロでどうにか逃げ切った。

 工藤監督は高橋礼について「7連戦の最初の試合で中継ぎを温存したい中で、(8回途中を)2点で抑えてくれたのは立派です」と称え、8回の継投については「(高橋礼が)ランナーを出したら代えようと思って準備はさせていました。モイネロもあそこまで行ってよく抑えてくれました」と振り返った。

 また「あの2本の本塁打が大きかったですね。先制できたのが何より大きかったし、同点にされる前に追加点が取れた。こういう先制点という形を続けていければ」と、今宮と内川の“大分コンビ”の2本の本塁打を称賛した。

 西武の勝利でゲーム差は広がらず、まだまだ厳しい試合が続く。指揮官は「目の前の1試合1試合を頑張っていくだけです」と気合いを入れ直した。(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

関連記事(外部サイト)