【U-18W杯】日本、6回途中降雨コールドでSR進出決定! 4番石川勝ち越し3ラン&西6回1失点の快投

U-18W杯で日本がパナマに6回途中降雨コールドで勝利 スーパーラウンド進出が決定

記事まとめ

  • U-18W杯で「侍ジャパン」高校代表は4-1、6回途中降雨コールドでパナマに勝利
  • 試合中に台湾が南アフリカに勝利し日本はスーパーラウンド進出、グループBで4勝1敗に
  • 前日の台湾戦は5回降雨コールドで初黒星も、この日は6回途中までリードし試合が成立

【U-18W杯】日本、6回途中降雨コールドでSR進出決定! 4番石川勝ち越し3ラン&西6回1失点の快投

【U-18W杯】日本、6回途中降雨コールドでSR進出決定! 4番石川勝ち越し3ラン&西6回1失点の快投

侍ジャパンU-18代表が5-1の6回途中降雨コールドでパナマ代表を下した【写真:荒川祐史】

同点の5回に日本の4番・石川が左翼席へ1号3ランを放ち勝ち越し

■日本 5-1 パナマ(3日・機張)

 韓国・機張(きじゃん)で行われている「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)は3日、大会5日目を迎え野球日本代表「侍ジャパン」高校代表は5-1、6回途中降雨コールドでパナマに勝利。試合中に台湾が南アフリカに勝利し日本のスーパーラウンド進出は決定していたが4番・石川(東邦)の勝ち越し3ランでグループBを4勝1敗で終えた。

 日本は2回に先制を許したが、その裏に横山(作新学院)の中犠飛で同点に追いつく。同点で迎えた5回に2死一、三塁の好機を作るとで石川がフルカウントからの直球を捉え左翼席へ1号3ランを放ち勝ち越しに成功。6回途中に雨脚が強まり、降雨コールドゲームで試合が成立した。

 先発の西は先制こそ許したが6回4安打、7奪三振1失点の好投を見せチームを勝利に導いた。前日の台湾戦では5回降雨コールドで無念の初黒星を喫したが、この日は6回途中までリードを保ち試合が成立。雨に泣かされた教訓を生かし勝利を手にした。

 この日の試合中に台湾が15-0で南アフリカに勝利し、日本のスーパーラウンド進出が決定していたがチームは投打が絡み白星を手にしグループBを4勝1敗で終えた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)