楽天、鷹遠のく1敗 終盤の追い上げ及ばず、平石監督「いい粘り見せてくれた」

楽天、鷹遠のく1敗 終盤の追い上げ及ばず、平石監督「いい粘り見せてくれた」

楽天・平石洋介監督【写真:荒川祐史】

8回に辰己、小郷のルーキー2人が2者連発「モイネロ引っ張り出した」

■ソフトバンク 3-2 楽天(3日・ヤフオクドーム)

 楽天は終盤の追い上げも及ばず、首位との差を5.5ゲーム差に広げられた。3日、敵地ヤフオクドームでのソフトバンク戦。3点を追う8回に辰己、小郷のルーキー2人による2者連続本塁打で1点差まで詰め寄ったが、逃げ切られた。試合後、平石洋介監督は「苦しい展開でしたけど、見事な本塁打、いい粘りを見せてくれた。勝ちはできなかったけど、粘ってくれた」と、選手が見せた終盤の粘りを評価した。

 先発の岸が2回に今宮にソロ、4回には内川に2ランを浴びて3点を先行された。打線は7回までソフトバンク先発の高橋礼の前に2安打と抑え込まれていたが、8回1死からドラフト1位の辰己が3号ソロ、ドラフト7位の小郷がプロ初本塁打となる1号ソロと2者連続本塁打で2点を返し、高橋礼をマウンドから引きずり下ろした。

 代わったモイネロから代打・下水流が左前安打、茂木と浅村は四球を選んで2死満塁の絶好機を作ったが、ここはブラッシュが右飛に倒れて絶好機を逸した。9回にも守護神の森から渡辺佳、辰己の連打で一打同点のチャンスを作った。結局は逃げ切られたものの、指揮官は「モイネロを引っ張り出して、あと1本出たら良かったですけど、ホームランにしろ連打にしろ良かった」と語っていた。

 5回で球数110球に達し、6安打3失点で5敗目となった岸については「序盤からコントロールが乱れているわけじゃないんだけど、紙一重のところでことごとくボールになっていた」と、指揮官は評価していた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)