【U-18W杯】日本がSR進出、前夜は泣いた降雨コールドで勝利「同じことを繰り返さないようにと」

【U-18W杯】日本がSR進出、前夜は泣いた降雨コールドで勝利「同じことを繰り返さないようにと」

侍ジャパンU-18代表・永田裕治監督【写真:荒川祐史】

同点の5回に4番・石川が左翼席へ決勝の1号3ラン「本当によく打ってくれた」

■日本 5-1 パナマ(3日・機張)

 韓国・機張(きじゃん)で行われている「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)は3日、大会5日目を迎え野球日本代表「侍ジャパン」高校代表は5-1、6回途中降雨コールドでパナマに勝利した。試合中に台湾が南アフリカに勝利し、日本のスーパーラウンド進出は決定。4番・石川(東邦)の勝ち越し3ランでしっかり勝利も収め、グループBを4勝1敗で終えた。

 2回に失策から先制を許した日本は、その裏に横山(作新学院)の中犠飛で同点に追いつくと、5回に2死一、三塁の好機で石川がフルカウントからの直球を捉え左翼席へ1号3ラン。勝ち越しに成功し、水上(明石商)の1号ソロが飛び出した直後の6回途中降雨コールドゲームで試合が成立した。

 試合後、永田裕治監督は「石川の3ランが非常に大きかったですね。昨日同じような形で点を取られて、コールドゲームということでしたので、早く点を取ろうと。天候状況も非常に悪かったので、同じことを繰り返さないようにということでやっていて。本当に石川がよく打ってくれました」と4番を称えた。前日の台湾戦では5回降雨コールドで無念の初黒星を喫したが、雨に泣かされた教訓を生かし、勝利を手にした。

 また、6回4安打7奪三振1失点の好投を見せた西(創志学園)についても、指揮官は「昨日わずか9球(を投げた)という中で今日先発ということで、本当によく粘ってくれました。いいピッチングでした」と称賛。日本は2位以上でスーパーラウンドに進むことが決まり、初優勝へ向けて「これが国際大会かなと思いますので、1つずつ、最初のチーム組んだときの目標と同じで1つずつ戦っていきたいと思います」と誓っていた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)