【U-18W杯】日本と韓国の対戦が決定 台湾、米国と共に4か国がスーパーR進出決める

【U-18W杯】日本、韓国、台湾、米国がスーパーR進出決める 日韓対決が決定

記事まとめ

  • 「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」で日本がオープニングラウンド突破
  • 日本のほかにA組は韓国、B組は台湾、アメリカがスーパーラウンド進出を決めた
  • 日本代表U-18は韓国と対戦することが決まり、残り2戦の相手はまだ決まっていない

【U-18W杯】日本と韓国の対戦が決定 台湾、米国と共に4か国がスーパーR進出決める

【U-18W杯】日本と韓国の対戦が決定 台湾、米国と共に4か国がスーパーR進出決める

3日は日本を含めた4か国がスーパーラウンド進出を決めた【写真:荒川祐史】

カナダ&オランダ&オーストラリアの突破は4日の結果次第

 韓国・機張(きじゃん)で行われている「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)は3日に大会5日目が行われ、A組は韓国、B組は日本、台湾、米国がオープニングラウンド突破を決めた。

 日本のB組は、台湾が南アフリカに15-0で5回コールド勝ち。4勝1敗として、突破を決めた。同じ時間にパナマ戦がスタートした日本も、この時点でスーパーラウンド進出が決定。さらに、試合も6回降雨コールドで5-1で勝利し、4勝1敗でオープニングラウンドを終えた。現在3勝1敗の米国も4日のパナマ戦を残して突破が決まった。

 A組では、韓国が中国に7-2で勝利し、4勝1敗で突破が決定。3勝1敗のカナダ、2勝2敗のオーストラリアとオランダは4日の結果次第でスーパーラウンド進出2か国が決まる。

 スーパーラウンドでは、オープニングラウンドで同組だったチームとの対戦成績が引き継がれ、別組を突破してきた3チームと試合を行う。日本は韓国と対戦することが決まり、残り2戦の相手はまだ決まっていない。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)