中日梅津が32年ぶり快挙、巨人3連敗、広島ジョンソン10勝…3日のセ・リーグは?

中日梅津が32年ぶり快挙、巨人3連敗、広島ジョンソン10勝…3日のセ・リーグは?

広島のクリス・ジョンソン【写真:荒川祐史】

DeNA-阪神は落雷のため中止、ヤクルトは打線が2安打無得点と沈黙

 セ・リーグは3日、2試合が行われた。中日、広島がそれぞれ勝利。首位巨人は3連敗を喫した。横浜スタジアムでのDeNA-阪神は落雷のため中止となった。

 中日は新潟での巨人戦に4-3で勝利し、連敗を「2」で止めた。先発のドラ2ルーキー右腕・梅津が5回4安打1失点の好投で無傷の3勝目。新人の初先発からの3連勝は、球団では87年の近藤真一以来32年ぶり2人目の快挙となった。打線は福田の16号先制2ラン、阿部の適時打などで4点をもぎ取り、快勝した。巨人は先発メルセデスが3回途中7安打2失点で8敗目(8勝)。9回に1点差に迫るも、痛恨の3連敗となった。

 広島は敵地・ヤクルト戦に3-0で勝利し、2位DeNAとのゲーム差は「3.0」とした。先発のジョンソンが8回2安打無失点4奪三振1四球の快投。2年連続4度目の2桁勝利となる10勝目(7敗)を挙げた。打線は2回にサンタナの適時打で先制すると、西川の押し出し四球で追加点。6回には女房役の石原が1号ソロを放ち、貴重な追加点を奪った。ヤクルトは打線が2安打無得点と沈黙。5回2失点の先発・高橋は6敗目(3勝)を喫した。

→1 巨人 123試合68勝53敗2分 -
→2 DeNA 125試合65勝57敗3分 3.5
→3 広島 127試合63勝61敗3分 3.0
→4 阪神 123試合57勝60敗6分 2.5
→5 中日 122試合55勝65敗2分 3.5
→6 ヤクルト 126試合50勝74敗2分 7.0(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)