次のブレイクは誰? ロッテ安田、楽天内田、ホークス田城…ファームV争いでの注目株

次のブレイクは誰? ロッテ安田、楽天内田、ホークス田城…ファームV争いでの注目株

ロッテ・安田尚憲【写真:荒川祐史】

首位の楽天は和製大砲・内田がキーマン、ロッテは安田&育成・茶谷がリーグ制覇へのカギ

 パ・リーグの順位争いは佳境を迎えている。9月2日試合終了時点で、3位から6位までの差は5ゲーム差と、Aクラス争いは日に日に激しさを増している。混戦を極める1軍のペナントレースが行われる一方、ファームの順位争いも白熱の展開が続いている。

 9月末で日程のすべてを終了予定のファーム公式戦。東日本のチームで構成されるイースタン・リーグと、西日本のチームで構成されるウエスタン・リーグの2リーグがあり、それぞれのリーグで優勝したチームは、宮崎で行われるファーム日本選手権に出場できる。両リーグで首位争いを演じているチームの注目選手を紹介していこう。

※成績は9月2日時点

【楽天】

内田靖人内野手 36/右投右打
今季2軍成績:87試合 打率.264 12本塁打 55打点 OPS.781

 イースタン首位を走っている楽天。昨季1軍で12本塁打を放った4年目の内田靖人内野手に大きな期待がかかる。今季はここまで1軍昇格はないものの、ファームではイースタン5位タイの12本塁打を放っている。シーズン終盤の大事な試合でも豪快な一発を放ち、チームを初のイースタン優勝に導きたい。

【ロッテ】

安田尚憲内野手 5/右投左打
今季2軍成績:103試合 打率.263 16本塁打 69打点 OPS.816

茶谷健太内野手 124/右投右打
今季2軍成績:102試合 打率.277 6本塁打 42打点 OPS.717

 首位楽天と2ゲーム差で2位につけるロッテは2年目のドラ1・安田尚憲内野手が気を吐いている。現在、本塁打、打点でイースタン2冠の成績を残し、4番打者として優勝争いをするチームをけん引している。また、育成選手である茶谷健太内野手もリーグ5位の打率を残し、下位打線で存在感を放っている。残り少ない試合の中で、この2選手がどれだけ活躍できるかが、優勝へのカギとなるだろう。

3位の巨人は2年目の北村の打棒に逆転優勝がかかる、DeNAは巧打者・関根に期待

【巨人】

北村拓己内野手 52/右投右打
今季2軍成績:97試合 打率.292 7本塁打 61打点 OPS.851

 3位・巨人ではイースタン4位の打率をマークしている2年目の北村拓己内野手が逆転優勝へのキーマンだろう。2年目の今季は主軸としてチームをけん引し、リーグ2位の61打点をマークしている。ともにチームを引っ張っていた山下航汰外野手は1軍に合流したため、若武者の打棒により大きな期待がかかっている。

【DeNA】

関根大気外野手 63/左投左打
今季2軍成績:67試合 打率.305 10本塁打 36打点 OPS.917

 首位と6ゲーム差と、逆転優勝はまだまだ可能な位置につけるDeNA。DeNA打線での注目は関根大気外野手であろう。1軍との選手の入れ替えが激しいチーム事情もあり、規定到達はしていないものの、275打席に立ち、打率3割超え、2桁本塁打を放ち、OPSが.900を超えている巧打者である。DeNAの逆転優勝は関根の双肩にかかっているのかもしれない。

ウエスタン首位のソフトバンクは育成・田城が絶好調、2位の阪神は望月が防御率ランキングを独走中

【ソフトバンク】

田城飛翔外野手 135/右投左打
今季2軍成績:98試合 打率.308 3本塁打 38打点 OPS.737

 ウエスタンで2位に5ゲーム差をつけ、1軍と同様に首位につけるソフトバンク。今季は16年育成ドラフト3位の田城飛翔(たしろ・つばさ)外野手が好調である。このまま首位を走り切るには、若鷹のより一層の活躍が求められそうだ。

【阪神】

望月惇志投手 61/右投右打
今季2軍成績:16試合6勝4敗 84.2回 67奪三振、防御率2.55

 阪神は望月惇志投手がここまで防御率2.55の好成績を残し、奪三振ランキングでも2位につけ、チームを引っ張っている。エースの力投で逆転優勝へ望みをつなげたいところ。

【オリックス】

杉本裕太郎外野手 99/右投右打
今季2軍成績:66試合 打率.287 12本塁打 36打点 OPS.880

漆原大晟投手 127/右投左打
今季2軍成績:33試合1勝0敗 32.1回 33三振、防御率3.90

 首位と7ゲーム差でウエスタン3位につけるオリックス。主砲の杉本裕太郎外野手はここまで打率.287をマーク、66試合の出場ながらリーグ2位タイの12本塁打を放っている。投手陣では今年の育成ドラフト1位の漆原大晟投手がここまでウエスタントップの18セーブを挙げている。逆転優勝を狙うには、この2選手の活躍が必須だろう。

 以上のようにイースタンは僅差の首位争いが続いている。一方のウエスタンはソフトバンクが頭一つ抜けているが、今後の展望次第では首位が入れ替わることもありえるだろう。残り1か月でどのような展開を見せるか。ファームの首位争いも見ごたえ十分だ。(「パ・リーグ インサイト」鈴木海斗)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)

関連記事(外部サイト)