【MLB】大谷翔平、16打席ぶり安打で4の1 カウント間違いの“ミス”も…エンゼルスは2連敗

エンゼルスの大谷翔平投手、16打席ぶり安打で4打数1安打 カウント間違いの“ミス”も

記事まとめ

  • エンゼルスの大谷翔平投手がアスレチックス戦に「3番・DH」で3試合ぶりにスタメン出場
  • 大谷は16打席ぶりの安打となる適時二塁打を放ったが、エンゼルスは7-5で敗れて2連敗
  • 第4打席ではカウントを間違えフルカウントとなったところで四球と勘違いし空振り三振

【MLB】大谷翔平、16打席ぶり安打で4の1 カウント間違いの“ミス”も…エンゼルスは2連敗

【MLB】大谷翔平、16打席ぶり安打で4の1 カウント間違いの“ミス”も…エンゼルスは2連敗

第3打席に二塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

第4打席ではフルカウントとなったところで四球と勘違いする場面も…

■アスレチックス 7-5 エンゼルス(日本時間4日・オークランド)

 エンゼルスの大谷翔平投手が3日(日本時間4日)、敵地でのアスレチックス戦に「3番・DH」で3試合ぶりにスタメン出場し、4打数1安打だった。5回の第3打席で、今季ノーヒットノーランを達成したマイク・ファイアーズ投手から16打席ぶりの安打となる適時二塁打を放ったが、エンゼルスは7-5で敗れて2連敗となった。

 アスレチックスの先発は5月7日のレッズ戦でキャリア2度目となるノーヒットノーランを達成したファイアーズ。今季13勝をマークしている右腕の前に、大谷は第1打席はツーシームで空振り三振に倒れ、第2打席ではバットを折られながらも痛烈な当たりを放ったが、野手の正面を突き一ゴロ併殺打に倒れた。2打席連続で凡退し、自身メジャーワーストとなる15打席連続無安打となった。

 5回2死一、二塁で迎えた第3打席ではファイアーズのツーシームを捉えると、打球は左翼線へとポトリ。二塁走者のフレッチャーが生還する適時二塁打となり、16打席ぶりに「H」マークを灯した。第4打席ではカウントを間違え、フルカウントとなったところで四球と勘違い。結局、空振り三振に倒れた。

 延長15回を戦った8月30日のレッドソックス戦ではメジャーで初、自己ワーストとなる1試合4三振を喫し、8打数0安打に終わっていた大谷。その後2試合はスタメンから外れていた。3試合ぶりのスタメン出場は4打数1安打。今季99試合に出場し、357打数103安打16本塁打54打点で打率.289となった。エンゼルスは先制したものの、先発のバリアが4回5失点。追い上げて6回に同点としたが、3番手ラミレスが勝ち越しを許して競り負け、2連敗となった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)