打者は中日ビシエド、投手はDeNA今永 セイバー目線で選出、8月の月間MVP【セ編】

打者は中日ビシエド、投手はDeNA今永 セイバー目線で選出、8月の月間MVP【セ編】

DeNA・今永昇太【写真:荒川祐史】

打撃好調好調だった中日、あらゆる指標でビシエドが1位

 大きな順位の変動がなかった8月のセ・リーグ。月間成績は以下の通りです。

巨人 15勝1敗 打率.229 OPS.713 本塁打32 援護率4.64 先発防御率3.84 QS率48.2% 救援防御率2.76

DeNA 14勝13敗 打率.238 OPS.668 本塁打25 援護率4.03 先発防御率4.62 QS率29.6% 救援防御率4.60

阪神 12勝12敗 打率.250 OPS.690 本塁打18 援護率2.82 先発防御率4.22 QS率36.0% 救援防御率2.91

中日 11勝12敗 打率.273 OPS.740 本塁打23 援護率4.04 先発防御率4.40 QS率48.0% 救援防御率2.94

広島 13勝14敗 打率.266 OPS.730 本塁打24 援護率4.64 先発防御率4.04 QS率55.6% 救援防御率5.02

ヤクルト 12勝15敗 打率.268 OPS.794 本塁打43 援護率5.90 先発防御率4.79 QS率44.4% 救援防御率4.14

 8月だけの勝敗でいえば、巨人とヤクルトまでのゲーム差は3.5。大きな順位変動がないのも頷けるでしょう。

 巨人は月間打率.229とリーグ最下位ですが、長打率.398はリーグ3位、本塁打32はリーグ2位で、得点120はリーグ2位となっています。月間防御率3.42はリーグ1位で、9月1日時点で2位DeNAに4ゲーム差をつけて首位をキープしています。

 最下位のヤクルトですが、巨人を上回る43本塁打、140得点をマークしました。しかし、防御率4.53と投手陣がふるわず月間で3つの負け越し。浮上のきっかけがつかめませんでした。

 DeNAは勝ち越してはいるのですが、防御率4.61はリーグ最下位。先発の防御率が4.62、QS率が29.6%と早い回での失点が目立ち、27試合中15試合で先制されました。救援もこれまでの疲労が蓄積したのか、打ち込まれることが目立つようになってきました。

 セ・リーグの月間MVPは9月11に発表予定ですが、セイバーメトリクスの指標による8月の月間MVP選出を試みます。

 8月月間MVP セ・リーグ打者部門

○ビシエド(中日) OPS1.072 wOBA.453 wRAA11.64 長打率.649(すべてリーグ1位)

 中日の打者の活躍が目立ちました。

アルモンテ 打率.440 22安打 本塁打3 打点10 得点圏打率.545(12試合)

ビシエド 打率.381  37安打 本塁打4 打点20 得点圏打率.318(25試合)

福田永将 打率.318 28安打 本塁打8 打点22 得点圏打率.348(25試合)

 アルモンテは8月13日まで打率.440、OPS1.100と大きく貢献してきたのですが、右太ももを痛めて登録抹消。中日にとって大きな痛手でした。それでも、アルモンテの離脱をカバーするかのようにビシエドが安打を量産。打率、安打ともリーグ1位の活躍をみせました。公式の月間MVP最有力候補です。
 
 セイバーメトリクス指標による評価でも、出塁率と長打率を足して評価するOPSで1.072、各プレーの特典価値を累積して算出するwOBAで.453、平均的な打者が同じ打席数に立ったと仮定した場合よりもどれだけその選手が得点を増やしたかを示すwRAAで11.64とすべてでリーグ1位になりました。

規定投球回未満も、今永がブキャナンを上回る

 8月月間MVP セ・リーグ投手部門

○今永昇太(DeNA)4試合 3勝0敗 FIP1.80 RSAA5.92 K/BB3.38 防御率1.44  WHIP1.12 奪三振率9.72 QS率50% 

 公式の月間MVPの有力候補は以下の2人と考えられます。

デビッド・ブキャナン(ヤクルト)5試合 3勝0敗 防御率1.64 奪三振22 奪三振率6.0 被打率.244

菅野智之(巨人)5試合 3勝1敗 防御率2.31 奪三振32 奪三振率8.23 被打率.219

 規定投球回に達している投手の中で、ただ1人の防御率1点台、さらには最多勝、勝率100%であることが評価され、ブキャナンが公式の月間MVP最有力候補と考えられます。

 ですが、今永の成績は以下の通りで、上記の2人と比較しても遜色ありません。

今永昇太 4試合 3勝0敗 防御率1.44 奪三振27 奪三振率9.72 被打率.220

 今永は最多勝、勝率100%で、防御率、奪三振率ではブキャナンを上回っています。ただ、月間の規定投球回数(27回)に達していないため(25回自責4)、やはりブキャナンに分がありそうです。

 では、セイバーメトリクスの観点で3投手を評価してみましょう。

今永昇太 FIP1.80 WHIP1.12 QS率50% HQS率25% K/BB3.38 RSAA5.92 被本塁打0

デビッド・ブキャナン FIP2.91 WHIP1.09 QS率100% HQS率40% K/BB3.67 RSAA3.76 被本塁打1

菅野智之 FIP2.92 WHIP0.97 QS率80% HQS率80% K/BB5.33 RSAA3.94 被本塁打3

 菅野は7月2日の中日戦で完封して以降、1か月間勝ち星から見放されていました。ですが、7回以上登板で自責点2以内に抑えるハイクオリティスタート(HQS)を8月8日の中日戦から4試合連続で達成しています。ただ、被本塁打の多さが気になります。

 今永は規定投球回数に達していませんが、(リーグ平均FIP-選手個人のFIP)×投球回数/9という計算式によって、平均的な投手に比べてどれだけ失点を防いだかを示す指標RSAAにおいてリーグ1位になります。RSAAは投球回数に依存しており、投球回数が少なければ不利になるのですが、今永のRSAAは他の選手を上回りました。よって今永昇太を8月の月間MVPに推挙いたします。

 今永は9月1日時点で勝利数13、防御率2.38、奪三振163、完封3がすべてリーグ1位。勝率も1位となれば「投手5冠」を達成することになります。そうなれば2006年の斉藤和巳(ソフトバンク)以来ですが、左腕では初の快挙になるとのことです。鳥越規央 プロフィール
統計学者/江戸川大学客員教授
「セイバーメトリクス」(※野球等において、選手データを統計学的見地から客観的に分析し、評価や戦略を立てる際に活用する分析方法)の日本での第一人者。野球の他にも、サッカー、ゴルフなどスポーツ統計学全般の研究を行なっている。また、テレビ・ラジオ番組の監修などエンターテインメント業界でも活躍。JAPAN MENSAの会員。一般社団法人日本セイバーメトリクス協会会長。

関連記事(外部サイト)