ロッテ柿沼は左尺骨骨折で全治4週間 1日のオリックス戦で死球受ける

千葉ロッテマリーンズ柿沼友哉、左尺骨骨折で全治4週間 1日のオリックス戦で死球

記事まとめ

  • 千葉ロッテマリーンズの柿沼友哉は1日のオリックス・バファローズ戦で死球を受けた
  • 診断の結果、左尺骨骨折で全治4週間と診断されたと球団が発表した
  • 柿沼は今季、34試合出場で打率.167、1本塁打、2打点の成績を残している

ロッテ柿沼は左尺骨骨折で全治4週間 1日のオリックス戦で死球受ける

ロッテ柿沼は左尺骨骨折で全治4週間 1日のオリックス戦で死球受ける

ロッテ・柿沼友哉【写真:荒川祐史】

オリックス戦の5回に死球を受けて9回に交代

 ロッテは4日、1日のオリックス戦(ZOZOマリンスタジアム)で死球を受けた柿沼友哉捕手が同日に習志野市内の病院で診断を行った結果、左尺骨骨折で全治4週間と診断されたと発表した。

 柿沼はオリックス戦で5回に死球を受け、9回の守備から退いていた。今季は34試合出場で打率.167、1本塁打、2打点の成績を残している。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)