【MLB】「こんなの見たことない」―打球が生き物のように変化!? “超絶秘打”にファン驚愕

【MLB】「こんなの見たことない」―打球が生き物のように変化!? “超絶秘打”にファン驚愕

カージナルスのポール・デヨング【写真:Getty Images】

ファウルと思った打球が大きく曲がってフェアゾーンに…「ワイルドだ」

■カージナルス 1-0 ジャイアンツ(日本時間4日・セントルイス)

 カージナルスのポール・デヨング内野手が3日(日本時間4日)の本拠地ジャイアンツ戦で“超絶秘打”を炸裂させた。1回2死一、二塁で放った打球は一塁ファウルゾーンへコロコロ。誰もがファウルだと思ったその時、まるでボールが生きているかのように凄まじい変化を始めた。

 パッティングでいえばきついフックラインを転がるように、ビリヤードなら強烈なスピンがかかったマッセのような軌道で、ボールは左に大きく曲がってフェアゾーンへ。一塁手が捕球したときには、デヨングは一塁を駆け抜けていた。

 バットの先端に当たったボールには強烈なスピンがかかり、予期せぬ変化をもたらしたようだ。一塁ベース上のデヨングはビリヤードのキューを握るポーズでおどけた。

 この一打の動画が「このボールのスピンはクレイジーだ」とのタイトルでMLB公式インスタグラムに投稿されると、ファンから驚愕のコメントが殺到した。

「こんなの今までに見たことがない」
「ワイルドだ」
「何が起こったの?」
「とんでもない」
「え????」
「これは最高」

 デヨングの“秘打”にファンは大喜びだった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)