鷹3連勝&西武2連勝で1差のまま、日ハムは泥沼8連敗…4日のパ・リーグは?

鷹3連勝&西武2連勝で1差のまま、日ハムは泥沼8連敗…4日のパ・リーグは?

ソフトバンク・工藤監督(左)と西武・辻監督【写真:藤浦一都、荒川祐史】

鷹デスパイネは通算150号、西武中村は19本目満塁弾、ロッテ田村サヨナラ弾

 パ・リーグは4日、3試合が行われ、ソフトバンク、西武、ロッテが勝利した。首位ソフトバンクと2位西武は1ゲーム差のまま。日本ハムは泥沼の8連敗とトンネルを抜け出せない。

 ソフトバンクは本拠地での楽天戦に5-1で勝利。3連勝で単独首位の座を守った。初回に中村晃の3号2ラン、デスパイネの31号ソロ、4回には松田宣の27号ソロ、8回には再びデスパイネの通算150号となる32号ソロと一発攻勢でリードを広げると、先発のミランダは6回103球、4安打3四球7奪三振で1失点に封じて7勝目。7回からは甲斐野、モイネロ、森のリレーで逃げ切った。楽天はソフトバンクに2連敗を喫し、首位とのゲーム差は「6.5」に。先発の則本昂が初回の2本塁打など3被弾して4失点。打線も辰己のソロ本塁打の1点のみに抑え込まれた。

 西武はほっともっとフィールド神戸でのオリックス戦に10-2で快勝した。2回に外崎が先制の22号ソロを放つと、5回には源田の遊ゴロの間に追加点を奪取。7回には外崎がこの日2本目となる23号3ランで突き放し、8回には中村が通算19本目の満塁ホームランとなる27号弾で試合を決めた。榎田は6回5安打2失点にまとめて4勝目(2敗)。2連勝で首位ホークスに1ゲーム差で食らいついている。オリックスは引き分けを挟み3連敗となった。

 ロッテは本拠地・日本ハム戦に4-2でサヨナラ勝ち。引き分けを挟んで3連勝を飾った。2回に2点を先制されるも、6回に井上の24号ソロで1点を返すと、8回に相手エラーで同点に。9回2死一塁で田村がサヨナラ3号2ランを放ち、劇的勝利を飾った。日本ハムは2回に清水と平沼のタイムリーで2点を奪うも、その後は追加点をあげられず。6回に公文が被弾し、8回には渡辺の痛恨の捕球ミスで追いつかれると、9回には秋吉が痛恨の一発を浴びて泥沼の8連敗となった。

→1 ソフトバンク 124試合67勝53敗4分 -
→2 西武 125試合68勝56敗1分 1.0
→3 楽天 125試合61勝60敗4分 5.5
→4 ロッテ 127試合62勝61敗4分 0.0
→5 オリックス 123試合55勝62敗6分 4.0
→6 日本ハム 126試合56勝65敗5分 1.0(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)