佐々木の八重歯、奥川のブルペン…ヒロドアナが届ける「見たことのない表情」

佐々木の八重歯、奥川のブルペン…ヒロドアナが届ける「見たことのない表情」

U18W杯を現地で取材しているABCテレビアナウンサー・ヒロド歩美さん(右)と智弁和歌山・池田陽佑【写真:荒川祐史】

3日に現地入りし、雨中の試合取材とインタビュー 選手もリラックス

 韓国・機張(きじゃん)で開催中の「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」。「侍ジャパン」高校日本代表はオープニングラウンドを勝ち抜き、5日からスーパーラウンドを戦う。3日のパナマ戦ではテレビ朝日系で夏の選手権期間中に放送の「熱闘甲子園」でキャスターを務めるABCテレビアナウンサー・ヒロド歩美さんが現地で取材。「まだ見たことのない表情がたくさんありました」と夏の大会とは違う選手たちの姿を目に焼き付けた。

 機張現代車ドリームボールパークに着くと、あいにくの雨模様だった。選手の表情を近くで見ようとベンチのすぐ近くで戦況を見守った。夏の大会は大きな歓声で選手たちの声はかき消されるが、国際大会は一言、一言がはっきりと聞こえる。その音に耳を傾けていた。

「バッターボックスに入る選手に向けて、みんな声を出していました。声の出し方もすごい。前のめり。全員の魂が打席に送られている感じがしましたね」

 今大会はテレビ中継でも日本ベンチが映し出される。今まではライバル、敵チームだった選手が、同じ目標を持って戦っている姿が見られる。

「感動したのは(3回戦で対戦した星稜の)奥川君と(智辯和歌山の)池田君が隣で声を出し合っていたところです。池田君の表情が柔らかかった。意外な組み合わせじゃないけど、(近江の)林君の隣には絶対に(大船渡の)佐々木君がいるな、とか。意外と林君の声が高いし、佐々木君のジェスチャーも印象的です」

 佐々木朗希投手のことは夏の岩手県大会で取材した。しかし、甲子園に出場した選手に比べて、その時間は短かった。佐々木がどんな性格なのか、どんな表情を見せるのか、知りたかった。それを視聴者に伝えたい。この大会では見たことのない佐々木の顔に出会えた。

「佐々木君は岩手大会でも声を張り上げていましたけど、こんなに笑って、八重歯があるんだ、と。そういう表情あるんだなと思いました。(興南の)宮城君や奥川君など高校に実際に行って取材した子もいれば、甲子園に出場していても、なかなかじっくりと話を聞くことができなかった(明石商の)水上君、(八戸学院光星の)武岡君、地方大会で負けてしまった(有明の)浅田君……。どういう思いで夏を超え、今戦っているのか、そんな思いを取材してリポートしたいと思います。まだまだ、見たことのない選手の顔がいっぱいありました」

甲子園の決勝から約2週間 変わった選手たちの顔つき「大人になったように見える」

 佐々木と奥川恭伸投手がブルペンに入ると、左翼方向にあるブルペンに移動した。ヒロドさんは雨に濡れながら、試合と2人の投球練習を見つめた。

「毎年、思うんですが、甲子園と高校日本代表の試合のベンチの様子は全然、違います。国際大会では、ブルペンも見られるので、迫力もありますし、ベンチでこんなに一体感があるのかと感じます。願望としては、ベンチの映像をずっと見ていたい(笑)。中継のスタッフにお願いしたいくらいです」

 甲子園の決勝から約2週間が経過した。久しぶりに見た球児たちの顔つきははっきりと変わっていたことがわかった

「大人になったように見えます。選手同士の声の掛け方もそうですし、こんなに堂々と貫禄が出てくるのかと思いました。国際大会の緊張感をどう乗り越えているのか、伝えたいと思ってきました。でも、前向きな姿勢、ピンチを迎えてもみんなで補いながら、なんとかしようとする気持ちが感じられました。その先の未来も楽しみ。みんな輝きがありました」

 これからも近くで、彼女にしかできない形で高校球児のありのままの姿を伝えていく。そして、今や甲子園だけなく、表情と感情の移り行く未来も届けていく。

ヒロド歩美(ひろど・あゆみ)1991年10月25日、兵庫県宝塚市出身の27歳。2016年からABCテレビ女性アナウンサーとして初の「熱闘甲子園」キャスターを務める。今回の取材の様子は、9月5日(木) 「キャスト」(月〜金 午後3時50分〜 ABCテレビ)、7日(土) スーパーラウンド日本戦生中継(テレビ朝日系列地上波)、8日(日)「 サンデーLIVE!!」(一部地域を除き日曜午前5時50分〜、ABCテレビ・テレビ朝日系全国ネット) 、10月放送予定「GET SPORTS」(※一部地域を除く)で放送予定。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)