鷹、4連勝で首位死守! 高谷の今季初本塁打が決勝弾に 楽天は痛恨3連敗で鷹と7.5差

鷹、4連勝で首位死守! 高谷の今季初本塁打が決勝弾に 楽天は痛恨3連敗で鷹と7.5差

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

今季初先発となった中田は5回途中1失点、同点に追いつかれたところで降板

■ソフトバンク 3-2 楽天(5日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクが4連勝を飾り、首位をキープした。5日、本拠地ヤフオクドームで行われた楽天戦。初回にデスパイネの適時打で先制、5回には高谷の今季初本塁打で勝ち越すと、今季初先発の中田からリリーフ陣への継投で逃げ切った。

 初回、先頭の牧原が中前安打を放つと、2死二塁から前日2本塁打のデスパイネが左翼線への適時打を放って先制。同点に追いつかれた直後の5回には、2試合連続でスタメンマスクを被った高谷が今季初本塁打を放って1点を勝ち越し、6回には松田宣の適時二塁打でリードを広げた。

 今季初先発となった中田は2回に3四死球で2死満塁のピンチを作ったが、堀内を二ゴロに打ち取って窮地を脱出。5回に藤田の適時打で同点に追いつかれたところで無念の降板となったが、2番手の椎野が勝ち越しを許さなかった。椎野が1回1/3を無失点に封じると、甲斐野、モイネロ、森のリレーでリードを守り抜いた。

 楽天は痛恨の3連敗。先発の美馬が初回に先制され、6回途中3失点。打線は5回に藤田の適時打で同点に追いつき、8回にはブラッシュの29号ソロで1点差に迫ったが、追い上げも及ばず。首位ソフトバンクとの直接対決で3タテを食らい、3連戦で奪った得点はわずか4点だけ。打線がねじ伏せられ、首位との差は7.5ゲーム差に開いた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)