【U-18W杯】ライトの宮城が日本の危機救うビッグプレー! 5回にストライク送球で韓国の先制阻止

【U-18W杯】ライトの宮城が日本の危機救うビッグプレー! 5回にストライク送球で韓国の先制阻止

5回に好返球を見せた侍ジャパンU-18代表の興南・宮城大弥【写真:荒川祐史】

右翼に入る149キロ左腕が失点を阻止するビッグプレー

■日本 – 韓国(6日・機張)

 韓国・機張(きじゃん)で開催中の「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)は6日、スーパーラウンド第2戦が行われ、野球日本代表「侍ジャパン」高校代表は韓国と対戦。先発の佐々木朗希投手(大船渡)が1回19球で緊急降板する中、力投を続ける西純矢投手(創志学園)が5回にピンチを迎えたが、右翼に入っている宮城大弥投手(興南)の好返球が飛び出し、失点を阻止した。

 右手中指からの出血で緊急降板した佐々木に代わり、2回から登板した西は4回まで走者を出しながら無失点の好投。5回は2安打で2死一、二塁のピンチを招くと、2番のキム・ジチャンにライト前へのヒットを浴びた。

 しかし、左翼でスタメン出場し、2回からマウンドに上がった西に代わって右翼の守備に就いていた宮城が猛チャージ。本塁への送球はワンバウンドで捕手の水上のミットに収まる“ストライク”となり、二塁から一気に本塁生還を狙った走者を刺した。

 最速149キロを誇る本格派左腕としてプロから注目を浴びる宮城の右翼からのレーザービームに日本ベンチは大盛り上がり。ビッグプレーで先制を阻止した。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)