【U-18W杯】侍J奥川、7回18Kも「まずまずの投球」今大会初登板は「不安だった」

【U-18W杯】侍J奥川、7回18Kも「まずまずの投球」今大会初登板は「不安だった」

カナダ戦に先発し7回18奪三振と快投を披露した侍ジャパンU-18代表の星稜・奥川恭伸【写真:荒川祐史】

奥川は今大会初登板初先発で7回18奪三振2安打1失点

■日本 5-1 カナダ(5日・機張)

「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)を戦う野球日本代表「侍ジャパン」高校代表は5日、スーパーラウンド初戦でカナダと対戦。今大会初登板初先発の奥川恭伸(星稜)が7回18奪三振、2安打1失点に抑える力投を見せ、5-1で勝利した。

 奥川は初回3奪三振の立ち上がり。4回2死からディオダティに右越えソロを浴びて先制を許したものの、7回2安打1失点。18奪三振と圧巻の投球を見せた。「実戦感覚も離れていて不安だったけど、しっかりゲームを作れてよかったかなと思いますブルペンでもこっち(韓国)のマウンドで投げていたので、苦労することはなかったです。それ(7回18Kは)はいいと思うんですけど、あの本塁打の1本が悔やまれる。中途半端に行ってしまった。次に起こらないように。そういうことが起こらないようにしたい」と反省を忘れなかった。

 甲子園決勝以来の実戦登板。オープニング・ラウンドでの登板はなく、スーパーラウンドからの登板となった。「プレッシャーと言うか、すごく責任を感じていたんですけど、今日こうして、まずまずの投球ができたことで安心しましたし、また次に投げる場面が必ず来る。そこでも仕事ができるように頑張っていきたいと思います」と前を向いた。

 7回103球。6日の韓国戦は登板できないが、大会ルールにより中1日で登板できる。「(首脳陣から)104球以内と告げられていた。次の投手に中途半端な状態で渡したくなかった。絶対に14球以内で終わらせようと思いました」。6日の韓国戦は登板は出来ないが、「投げなくても出来ることはたくさんある。どんな形であってもチーム一丸となって明日も勝ちたい」とチーム貢献を誓っていた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)