鷹・高谷、今季初本塁打の決勝弾に「奇跡です」守っても5投手をリード

鷹・高谷、今季初本塁打の決勝弾に「奇跡です」守っても5投手をリード

ソフトバンク・高谷裕亮【写真:藤浦一都】

5回に今季初本塁打となる1号ソロを放ち、これが決勝弾

■ソフトバンク 3-2 楽天(5日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクの高谷裕亮捕手が、攻守でチームを勝利に導いた。5日、本拠地ヤフオクドームでの楽天戦。同点で迎えた5回に今季初本塁打となる勝ち越しソロを放つと、5人の投手をリードして、点差を守り抜いた。

「奇跡です」と振り返った一発は同点に追いつかれた直後の5回の攻撃で生まれた。1死から打席に入ると、楽天先発の美馬のボールを捉えた打球は右翼スタンドへと飛び込んだ。「打った瞬間でしたね。感触は良かった。とにかく甘い球、とにかく出塁をと思っていた。うまく引っかかってくれて最高の結果になりました」。結果的に決勝打となる勝ち越し弾だった。

 今季は甲斐のバックアップとしての役割が多く、出場機会は限られている。それでも、備えは怠らない。「準備はしっかり、捕手としてだけでなく、準備はしているつもり。同じことの繰り返しでしんどいこともありますけど、準備せずに出たときに何もできないのは後悔する」。日々の積み重ねが、ここ一番での結果に繋がっている。

 正捕手に成長した甲斐についても「彼の頑張りでこの順位にいる。お互いしっかり高め合っている。1つの勝利のために情報も共有して高め合えればいいと思います」と称えた高谷。ベテランの攻守に渡る奮闘が光り、ソフトバンクは首位の座をがっちりとキープした。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)