【U-18W杯】永田監督、カナダに快勝もナインに初カミナリ! 「こんなじゃ世界は獲れんぞ!」

【U-18W杯】永田監督、カナダに快勝もナインに初カミナリ! 「こんなじゃ世界は獲れんぞ!」

侍ジャパンU-18代表ナインと永田裕治監督【写真:荒川祐史】

主将の坂下は「ミスが多いし、自分もチームを引っ張っていけてない」

■日本 5-1 カナダ(5日・機張)

 韓国・機張(きじゃん)で行われている「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)は5日、スーパーラウンド初戦を迎え野球日本代表「侍ジャパン」高校代表はカナダと対戦し5-1で勝利。先発・奥川が7回2安打18奪三振1失点と圧巻の投球を見せ快勝ムードかと思ったが試合後、永田裕治監督は「こんなんじゃ世界一は獲れんぞ!」と初カミナリを落とした。

 勝利に喜ぶナインに緊張感が走った。大会初登板初先発の奥川が6者連続三振を含む18奪三振の快投を見せカナダ打線を圧倒。スーパーラウンド初戦を制し世界一に一歩前進した日本だったが永田監督は試合後のグラウンドにナインを集めた。

「こんなんじゃ世界一は獲れんぞ!」

 バント失敗、走塁ミス…目に見えないミスも続出しての勝利に指揮官が代表結成後、初めてとなるカミナリを落とした。試合後の会見では「細かいとこをやっていかないと。目に見えないところも色々とあった。(カミナリを落とした?)あんまり覚えていない」と苦笑いを見せたが、気の緩みが見えるチームに喝を入れた。

 主将の坂下も「ミスが多いし、自分もチームを引っ張っていけてない。監督さんに言ってもらったことを受け止めないといけない」と猛省。6日は宿敵・韓国と対戦するが「ここまできたら世界一。気持ちを切り替えてチームを引っ張っていきたい」と気を引き締めていた。(橋本健吾 / Kengo Hashimoto)

関連記事(外部サイト)