【U-18W杯】佐々木、ブルペン待機も世界デビューは持ち越し 「投げるつもりで作っていた」

【U-18W杯】佐々木、ブルペン待機も世界デビューは持ち越し 「投げるつもりで作っていた」

星稜・奥川恭伸とストレッチを行う侍ジャパンU-18代表の大船渡・佐々木朗希【写真:荒川祐史】

カナダ戦ではブルペン待機「展開によっては行くかもしれないと」

■日本 5-1 カナダ(5日・機張)

 韓国・機張(きじゃん)で行われている「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)は5日、スーパーラウンド初戦を迎え野球日本代表「侍ジャパン」高校代表はカナダと対戦し5-1で勝利した。佐々木朗希投手(大船渡)はブルペン待機も大会初登板は6日の韓国戦に持ち越しとなった。

 今大会初登板初先発の先発・奥川が7回2安打18奪三振、1失点の快投を見せれば、8回から2番手で登板した飯塚も2イニングを無安打無失点の好投で試合を締めた。

 ブルペンで力強い投球を見せ登板に備えていた佐々木は試合後に「展開によっては行くかもしれないと。投げるつもりで作っていた」と、カナダ戦で登板する可能性があったことを口にした。

 打線が1点リードの7回にノーヒットで3点を奪いリードを広げたこともあり注目の登板は6日の韓国戦に持ち越しとなった。奥川の快投を目の当たりにし「素晴らしい投球。三振も取れるしランナーを出しても点を取られない。四球もなかった」と賛辞を送っていた。

 世界デビューは6日の韓国戦が濃厚となった最速163キロ右腕。試合後には韓国メディアも押し寄せるなど注目は日に日に増すばかり。宿敵・韓国戦へ準備万端か?と問われた右腕は「はい!」と力強く口にした。(橋本健吾 / Kengo Hashimoto)

関連記事(外部サイト)